SLOW(スロウ)のバッグの魅力をご紹介!

SLOW(スロウ)の財布

SLOW(スロウ)の革製品と言えば、鞄だけではありません。
小物も充実のラインナップで、本格的な財布が特にオススメです。
日本製の栃木レザーを売りにした革がメインのブランドなので、上質で長持ちする財布が欲しい人にはもってこいです。
ついつい、有名なブランドロゴの入った財布に目がいってしまいがちですが、財布は使う頻度が高いので開け閉めで劣化が早く、買い替えのスパンが短い小物です。
革の経年変化も楽しみつつ、かつ上質な製品の証であるSLOWがブランドということで、安心して使う事ができる財布です。
(さらに…)

SLOW(スロウ)のリュック

様々なタイプが用意されているSLOW(スロウ)のリュックについてご紹介します。

まず、フラップタイプのリュックサックです。
rubonoの柔らかい素材で作られているため、女性が使ってもごつくなりすぎない印象です。
(さらに…)

SLOW(スロウ)のメッセンジャーバッグ

SLOW(スロウ)のショルダーバッグのラインナップがたくさんある中で、メッセンジャーバッグは斜めがけができてかわいらしいシリーズです。
メッセンジャーバッグは体の動きを邪魔せず、かつ容量もあるものがベストですが、SLOWのヌメ革を使った鞄は相性が良くつるりとしたデザインがかわいらしい逸品です。
柔らかく、それでいて革の無骨な感じも残しているところが魅力的です。
(さらに…)

SLOW(スロウ)のショルダーバッグ

SLOW(スロウ)のヌメ革は、アメカジ路線でありながらいろいろなシーン、服装に馴染みます。
自分のファッションを邪魔せずに、手が塞がらないショルダーバッグは、一つ持っておくと重宝する鞄です。
(さらに…)

SLOW(スロウ)のトートバッグ

SLOW(スロウ)のトートバッグについてご紹介します。
トートバッグなので、革のタイプは主に弾力のあるbono、そして丈夫なキャンバス生地のtannninなどから作られたものが主流になります。
rubonoはシンプルなトートバッグのみとなっていて、その代わりにトートバッグの大きさが圧迫感無くファッションに馴染む、軽やかな仕上がりの逸品です。
(さらに…)

SLOW(スロウ)の評判

SLOW(スロウ)を実際に使っていると、革の世界の奥深さに感心します。
私自身、トートバッグから他のものも…と次々に手を伸ばしてしまっています。
革の種類が豊富で、それぞれ同じ時間をかけても違う色合い、風合いが出てくるのがとても面白いです。
実際にSLOWの製品を使っている人たちの口コミをご紹介したいと思います。
(さらに…)

SLOW(スロウ)が買えるお店

SLOW(スロウ)の商品をお勧めしてみましたが、どこで買う事ができるか知りたくなった方のために購入先をご紹介します。私はまずドラマで見た鞄が欲しくなった事がきっかけですので、まずはネットで検索してみました。すると、大手ネットショッピングのサイトでSLOWのトートバッグが数多く引っかかりました。もちろんそこで購入しても良かったのですが、できれば鞄を専門に扱うお店が良かったので、toratoのような革メーカーを扱うお店を中心にチェックして購入しました。
 → バッグ通販TORATO - SLOW(スロウ)

ブランド鞄なので偽物を購入してしまうのが怖く、今手元にある鞄を見ても革製品のショップで購入してよかったと思います。
(さらに…)

SLOW(スロウ)のSeries

SLOW(スロウ)にはいくつかのシリーズが定番化されています。
それぞれ、製品の素材によってシリーズが異なり、「bono」「rubono」「kudu」「toscana」「tannin」と分かれています。
(さらに…)

SLOW(スロウ)の工房

SLOWは日本の職人さんの手で作る革ブランドですが、その工房は南堀江店の2階にあるSLOW FACTORYにあり、日々新しいものつくりが行われています。
スロウのディレクターと、革鞄一筋40年以上という熟練の職人さんが、お互いのアイデアを出し合って入念に打ち合わせ。
サンプルを作るのにも何度も改良を重ねて商品を作り上げていきます。
そんなもの作りにこだわっているSLOWの工房での仕事をご紹介します。
(さらに…)

おすすめバッグ – SLOW(スロウ)

SLOW(スロウ)という鞄メーカーを知ったのは、トートバッグを探していた時です。
テレビドラマで好きな女優さんが使っている革のトートバッグが素敵で、20代後半を迎えるにあたって大人の鞄が欲しいと感じ始めていたときに、女性が持っていてもごつくない風合いが目に留まりました。
調べてみると、比較的新しいブランドで日本製にこだわって作っている会社のようでした。
日本国内に専門店が4店ほどしかなかったので、田舎から買いにいく訳にも行かず、通販で手に入れたのが始まりです。
それからは、すっかりSLOWの革素材にはまってしまい、新作モデルが出ると知るやすぐに検索をかけてしまうようになりました。
(さらに…)